2018

January 4, 2018

冬かれてやすみしときに

深山木は花咲く春の

待たれけるかな

 

何事も心を正直に強く持ち

物事に退屈せず信神怠らず勉めれば

時到りて後にはおおいに仕合せよくなります

騒がず時を待ちなさい

 

運勢 大吉

 

《神の教え》

 とんと踏み出すその一足が、谷と野原の分かれ道

踏み出す一歩である。千尋の谷の底にも落ち込めば、広い花の野原にも出る。

歩もう正しい道へ。邪神に囚われ神に背を向けることのないよう、神様の御手にすがり心の眼を開いて、日々善行を積み重ね、御光注ぐ広い花の野に出て行こう。

 

 

 ここ5年ほど、初詣には近所の老松神社、浮羽稲荷神社へ参拝に行きます。

 浮羽稲荷神社は約300段の階段が続く参道に、深紅の鳥居およそ90基が並び、社殿へと導きます。社殿には、京都の伏見稲荷大社の神(商売繁盛、五穀豊穣、交通安全)と松尾大社の神(健康、長寿)、太宰府天満宮の神(学問)の三神をまつり、一度の参拝で多くのご利益を得られるといわれているそうです。

 

 ここで引くおみくじに書かれている言葉は、自分に何か「しっくり」とくるものがあり、一年間財布の中に忍ばせております。今年は大吉でありますが其れに浮かれず・騒がず・欲張らず、昨年描いた事柄を軸に過ごしていければと思います。

 まあ、特に信心深い方ではないのでシンプルに「おてんとうさまに恥じぬように」と心に留め、平成30年を全うしたいと思います。

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Copyright © IDERIHA DESIGN OFFICE. All Rights Reserved.